知識提供

知識提供

優秀な方々が遣う言葉「反省する」

こんにちは。

企業研修講師&ビジネスコーチ 片浦啓子です。

 

沢山のホームページから、弊社を閲覧して頂きまして、誠にありがとうございます。

 

さて、本日やっと全てのオンライン企業研修を終えました。

7月からずっと担当していまして、コロナ禍の影響で会社が潰れず、心から有り難いと思っております。

 

また、リアル以上に?オンライン企業研修が好評な部分もありまして、

今後の新しいビジネスとしても、頑張っていけたらと思っております。

 

もちろん、これだけがお仕事ではないのですが、新しいコトを挑戦するとなると、

かなりのプレッシャーもありましたので、ほっとしています。

 

この2ヶ月の中で、400人近い方々とオンライン上でお会いしてきました。

そこで気づいたことがあります。

 

それは、優秀なだけにと捉えていますが、研修で学びや気付きを得られると、

「できていなくて、反省します(心の声:私ってダメですね)」という言葉を多く伺います。

 

「反省する」とは、自身の行動に改善を入れようとされる言葉でもありますね。

 

優秀だからこその言葉でもあると思っていますが、

自身を否定する言葉(コトノハ)だと感じるため、細かい事ですがいつも要望している事があります。

 

それは、「気付けたことがラッキー」(今を否定しないでほしい、今も頑張っているから)という捉え方の推奨です。

 

また、いろいろな意味で(ここでは具体的なお話を避けますが)

自身を否定することで、望まない状況をより引き越してしまう可能性が高くなるからです。

 

個人的に感じていることですが、今、社会が大きく変ろうとしている変革期の中であり、

さまざまな事が自身にも起こりますが、プロアクティブな解釈で進んでいくつもりです。

 

自分が遣っている言葉にも、気を付けていく必要性をお伝えできたらと思いました。

 

それでは、暑さが続きますが、ご自愛くださいませ。

 

追伸

さきほど外出したら、名古屋は38度でした。

わぁ^^;

このブログ投稿のあと、とっても素敵な空でしたので、投稿しておきます。

DSC_6496.JPG

 

「Less is More ~穏やかに過ごす生き方術~」

片浦啓子